• トップページ
  • コンセプト
  • 医院紹介

歯が痛い、しみる【一般歯科】

虫歯が疑われたらすぐに治療を

虫歯の直接の原因は虫歯菌(おもにミュータンス菌)です。歯の表面に付着する歯垢の中に潜んでいる虫歯菌が食べカスに含まれる糖質をエサに酸を排出し、酸によって歯が溶かされることで虫歯がはじまります。放っておくと進行し、痛みをともなうようになります。

~歯の「脱灰(だっかい)」と「再石灰化」~

脱灰再石灰化

お口の中では、「脱灰」と「再石灰化」がくり返されています。

脱灰・・・カルシウム分が溶け出す
再石灰化・・・一旦溶け出したカルシウムやリン酸が戻り、脱灰した部分を修復していく

この2つのバランスがくずれることによって、虫歯が発症します。

~虫歯の条件とその時間~

虫歯になるおもな条件は、歯垢に棲みつく虫歯菌、食べカスに含まれる糖分です。そして、お口の中が虫歯になりやすい環境となるのが、飲食直後の数十分間といわれています。飲食後数十分の間に虫歯菌が活発化し、酸を排出し出すのです。そのため、飲食の間隔を空ける、食べたらすぐ歯みがきやうがいするなどを習慣づけることで、虫歯になりにくくなります。

虫歯の治療法について

軽度の虫歯の場合
レジン充填: ごく初期の虫歯の場合
虫歯になっているところを削り、レジン(歯科用プラスチック)で埋めます。少し深い場合は、神経を保護する薬を塗布してからレジン充填をすることもあります。治療は1回で終了。レジンは白いので、見た目もキレイです。
詰め物修復: ある程度進行した虫歯の場合
虫歯部分を削り取った後、型を採り、後日、金属で作った詰め物(インレー)を入れます。神経の近くまで進行している虫歯は、型を採る前に薬で治療します。
重度の虫歯の場合

神経に達してしまった重度の虫歯の場合は、抜歯を避けるために根管治療を行います。

根管治療について詳しくはこちら

特殊な治療「カリソルブ」

神経に達していない中等度の虫歯の「ほとんど削らない」治療法
「カリソルブ」という薬を塗ることにより虫歯を除去する治療法です。カリソルブには虫歯に冒された部分だけを溶かす力があります。塗布後に溶け出した部分だけを専用の器具でかき出し除去し、詰め物をして塞ぎます。歯を削ることはほとんどありません。

歯を削る量が最小限で済むカリソルブは、ドリルで虫歯を削り取る従来の治療法の音や振動が苦手な方、痛みに弱い方にお勧めの治療法です。歯の神経にまで達している虫歯には適応できないこともありますが、虫歯治療が苦手な方には利点の大きい治療法といえるでしょう。健康保険適応外の治療法となりますが、ご希望の方はご相談ください。

虫歯検査に大活躍!「ダイアグノデント」について

「ダイアグノデント」は、レーザーを用いた虫歯診断装置です。虫歯の進行状態を数値で表し、肉眼やレントゲンでも発見しづらい初期の小さな虫歯や、内部が深くえぐれているようなしずく状の虫歯の発見が可能になります。当院ではこの装置を活用して、見つかった虫歯に関して治療が必要かどうかの判定や、必要以上に歯を削らないような治療に役立てています。

「歯がしみる、痛い……」そんな症状がありましたら、虫歯かもしれません。虫歯は放っておくとどんどん進行してしまいます。「虫歯かな?」と思ったら、早めに当院にご相談ください。

予防歯科での定期検診で、虫歯を予防しましょう