• トップページ
  • コンセプト
  • 医院紹介

重度の虫歯を治したい【根管治療】

重度の虫歯になってしまったら・・・

虫歯が重度にまで進行してしまった場合、「抜くしかないですね」といわれてしまうことがあるかもしれません。しかし当院では、なるべく抜かずに済むような治療を心掛けています。なかにはどうしても歯を残せないケースもありますが、最大限努力をいたします。重度の虫歯にお悩みでしたら、当院にご相談ください。

~どうしても抜かなければならない場合~

虫歯菌が歯の根の先端にまで達し、歯を支える骨まで炎症を起こしている場合には、抜歯をしなければならないことがあります。見た目にも重症な虫歯の場合に抜歯することがほとんどですが、一見軽症に見える虫歯でもドリルで穴をあけたように奥深くまで進行していることもあるので、その場合は抜歯せざるを得なくなります。

抜歯をせずに歯を残す治療「根管治療」

歯の神経にまで達してしまった虫歯でも、その神経を取ることにより、歯を残すことができる場合があります。そのための治療が、根管治療です。

根管治療では、神経の通る細い管(根管)から感染してしまった神経や血管などを取り除き、内部を洗浄・消毒し、薬剤を詰めます。

根管治療のポイント

根管治療で重要なことは、根管内の感染部位をしっかり取り除き、消毒後、細菌が入らないように薬剤でしっかり充填することです。当院では、根の外形を把握するための歯科用CT、治療中には唾液の進入を防ぐためラバーダムを使用するなどして、精度の高い根管治療を行っています。

~当院では「ラバーダム」を使用しています~

ラバーダムとは、根管治療中、消毒した根管に唾液が入らないようにするために用いる薄いゴムのシートのようなもの。患者様へのメリットが多いものでありながら、日本ではあまり使用されていないのが現状です。

当院では、患者様の安全と健康を守り、治療した歯を長持ちさせるため、ラバーダムを使用しています。使用中に息苦しいなどということがある場合には、遠慮なくお申し出ください。

患者様の歯を大事にしたいから……器材にもこだわります

当院では歯の神経を除去するための器具に、ニッケルチタンファイルを使用しています。従来のステンレス製ファイルよりも柔軟性があるため、複雑な形状の根管にも自在に対応可能。歯への負担も軽減し、根管内に段差をつけたり、欠損させたりするようなリスクがほとんどなく、精密な根管治療が可能になります。

虫歯は歯周病同様、早期発見・早期治療が大切です。定期的に予防歯科を受診して、お口の健康を保ちましょう。

重度の虫歯になる前に、早めに当院にご相談ください
045-250-1180